« 「어変則」とは? | トップページ | つぶやき:「外国人」 »

「이르러서」の原形は何ですか

「이르러서」の原形は「이르르다」でもなく「이르러다」でもなく、「이르다 至る」です。「이르다」の語幹に「-아/어」で始まる語尾(や補助語幹)がつくと、「-아/어」が「러」に変化します。これを「러変則」といいます。

「러変則」は、「이르다至る 푸르다青い 노르다黄色い누르다黄色い」の4つしかありません。とりあえず「이르다」を覚えておくとよいでしょう。

 ・活用:이르러서, 이르러도, 이르러요, 이르렀어요 など 

 ・例) 두 사람은 사이가 나빠져 이혼하기에 이르렀다. 二人は仲が悪くなり離婚するに至った。

「푸르다」「노르다」「누르다」は日常会話ではほとんど使われなくなったようです。代わりに「파랗다」「노랗다」「누렇다」がよく使われます。

푸르다 =파랗다 青い      파란 티샤쓰

노르다 =노랗다 黄色い   노란 손수건

누르다 =누렇다 黄色い  누런 황소

やっぱり変則は難しいですね。^^

|

« 「어変則」とは? | トップページ | つぶやき:「外国人」 »

枚方パランセ(中級)-2008年9月~2010年3月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「어変則」とは? | トップページ | つぶやき:「外国人」 »