カテゴリー「韓国語Q&A(入門・初級)」の27件の記事

間違いやすい助詞①

ハングル能力検定試験5級・4級レベルです。用言だけではなく、助詞と用言をセットでおぼえておくと便利です。

① (친구)을/를 만나다 (友達など)会う

② (버스)을/를 타다 (バスなど)のる

③ (유학, 쇼핑, 등산, 연수)을/를 가다 (留学、ショッピング、山登り、研修など)行く

④ (유학, 연수)을/를 다녀오다 (留学、研修など)行ってくる

⑤ (일, 산책)을/를 나가다 (仕事、散歩など)出る

⑥ (사람, 지식)을/를 알다/모르다 (人、知識など)わかる/わからない

⑦ (외국어, 요리)을/를 잘하다/못하다 (外国語、料理など)できる/できない 

⑧ (사람, 동물, 물건)/을/를 좋아하다/싫어하다 (人、動物、ものなど)が好きだ/きらいだ

 ③④⑤は動作性名詞につきます。 

| | コメント (0)

「-습니다만」?「-습니다마는」?

「-습니다만」は、「-습니다마는」の縮約形です。합니다体の終結語尾・「-ㅂ니다/습니다」に「마는/「만」がついた慣用表現で、「~ますが/~ですが」という意味です。

「-마는/만」(~が、~げど)は終結語尾について逆接を表す接続助詞です。

1) 저는 일본 사람입니다만, 한국어를 배우고 있습니다. 私は日本人ですが、韓国語を勉強しています。

2) 가: 오이 김치 좋아하세요? オイキムチはお好きですか。

    나: 오이 김치? 김치는 좋아합니다만, 오이 김치는 무슨 김치죠? オイキムチ?キムチは好きですが、オイキムチは何のキムチですか。 *오이:きゅうり

3) 가: 실례합니다. 사장님 계십니까? 失礼します。社長さんいらっしゃいますか。

   나: 제가 사장입니다마는, 무슨 일이십니까? 私が社長でございますが、何のご用ですか。

韓国に行かれて自己紹介の際にこの表現をお使いになると、みんなびっくりするかもしれません。^-^

| | コメント (0)

漢数詞と固有数詞の使い分け

韓国語の数詞は日本語と同じく「いち・に・さん」にあたる漢数詞と、「ひとつ・ふたつ・みっつ」にあたる固有数詞があります。

・漢数詞:일(1), 이(2) 삼(3) 사(4) 오(5) 육(6) 칠(7) 팔(8) 구(9) 십(10) 백(百) 천(千) 만(万)

・固有数詞:하나/한(一つ) 둘/두(二つ) 셋/세(三つ) 넷/네(四つ) 다섯(五つ) 여섯(六つ) 일곱(七つ) 여덟(八つ)  아홉(九つ)  열(十)  스물/스무(二〇) (固有数字は99までありますがとりあえず20まで覚えておきましょう。) 

※固有数詞にあとに助数詞がつくと、「한」「두」「세」「네」「스무」と変形します。

  例)ひとつです。-> 하나입니다.

    1個です。 -> 입니다.

いつ漢数詞を使うのか、いつ固有数詞を使うのかは、助数詞(単位名詞)によります。

・漢数詞につく助数詞

 1)年月日   2011年7月7日-> 2000년 7월 7일(이천십일)

 2)(時刻)分  30分-> 30(삼십

 3)階      14階->14(십사)

 4)(番号)番  32番->32(삼십이)

 5)ウォン    19800ウォン->19800(만구천팔백)

 6)人前     2人前->2인분(이인분)

・固有数詞につく助数詞:人や物を数えるとき

 1)(時刻)時   1時->한

 2)人       3人->세 사람

 3)名       2名->두

 4)個       5個 ->다섯

 5)匹       10匹->열 마리

 6)才       19歳->열아홉

 7)(回数)回   20回->스무

 8)杯       1杯->한

 9)枚       2枚->두

 10)冊      7冊->일곱

固有数詞は「時」を除いてハングルで表記する場合が多く、固有数詞につく助数詞は分かち書きをします。一方漢数詞は「数字」で表記し、漢数詞につく助数詞は引っ付いて書くのが一般的です。

新しい助数詞が出たら漢数詞につくのか、固有数詞につくのかを確認し、数詞とセットで覚えるのが一番です。^^

| | コメント (0)

그리고? 그래서?

「그리고」も「그래서」も「そして」の意味があるので間違いやすいのですが、使い方は全然異なるので注意しましょう。

1.그리고 (そして、それから)

  二つの事柄を並べるときに使います。二つの単語や節、句、文をつなぐものです。1)2)3)の「그리고」は省略することができます。文をつなぐ4)の「그리고」は省略することができません。

 1) 나하고 남편, 그리고 여동생 셋이서 여행을 갔다. 私と夫、そして妹の3人で旅行をした。 

 2) 방을 청소하고, 그리고 집을 나왔다. 部屋を掃除して、そして家を出た。

  3) 정확하게 그리고 확실히 우리들의 의견을 전달했다. 正確に、そして確実に私たちの意見を伝えた。

  4) 그후로 연락이 없었다. 그리고 우리들은 만나지 못했던 것이다. その後連絡が途絶えた。それから私たちは会えなくなったのである。

2.그래서 (それで、だから、そこで、そして)

  前文の内容が根拠や理由になってその結果などを述べる時に使います。また時間的な前後関係を表す時も使います。

 5) 이 문제는 그래서 중요한 거예요. この問題はだから重要なんです。

 6) 작년에 한글능력시험에 떨어졌다. 그래서 올해 다시 보려고 한다. 去年ハングル能力試験に落ちた。それで今年また受けたい。

  7) 여러 사정이 있었다. 그래서 논문을 일년 연기하기로 했다. いろいろ事情があった。そこで論文を一年延期することにした。

  8) 그때 부산에서 삼촌을 만났다. 그래서 거기서 1년정도 있다가 서울로 갔다. その時プサンで叔父さんに会った。そして1年くらいそこで生活した後ソウルへ行った。

では、次の文での適切なものを選んでみましょう。

 ① (대학생 아들에게) 내년에 졸업을 못 한다고? (그리고, 그래서) 어떻게 하려고?

 ② (식당에서) 여기요, 커피하고 홍차 하나 주세요. (그리고, 그래서) 물도 좀 더 주세요.

 ③ (친구에게) 내년에 남편이 정년퇴직을 하거든. (그리고, 그래서) 너희가 사는 동네로 이사를 하려고 하는데, 정보 좀 알려 줘.

| | コメント (0)

「처럼」と「같은」の使い分け

「처럼」は、「のように、~と同じように、~ほどに」という意味の助詞です。助詞なので当然名詞にひっつけて書きます(分かち書き)。

1) 선생님은 일본 사람처럼 보여요. 先生は日本人のように見えます。

2) 이렇게 나처럼 눈을 크게 떠 보세요. このように、私のように、目を大きく開けてみてください。

3) 어머니는 어린아이처럼 기뻐했다. 母は子供のように喜んだ。

一方「같은」は、形容詞の「같다(同じだ、同様だ)」の連体形です。連体形のあとは名詞が来ます。また「같은」は常に「와/과/하고/(이)랑 같은(~と同じ、~のような)」という形で用いられます。

4) 약속 장소는 지난번하고 같은 장소예요 約束の場所は前回と同じ場所です。

5) 선생님(과) 같은 분도 없을 겁니다. 先生のような方もおられないでしょう。

 cf. 선생님처럼 분도 없을 겁니다. (×)

6) 여동생이랑 같은 세타를 샀다. 妹と同じセーターを買った。

なお注意してほしいところは、例文5)のように「主語」と「~のような○○」が同じである場合、つまり「主語=○○」の場合は、助詞の「과」は省略することができるということです。その場合一文字開けて書くのも忘れないでくださいね(分かち書き)。^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           文法      意味         注意点

같이     : 助詞    「~のように」    引っ付けて書く

(와/과) 같은: 連体形   「~と同じ」     (와/과)の省略

                「~のような」    一文字開けて書く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、次の文章にふさわしいものを選んでみましょう。

1.너 (①처럼 ②같은) 친구는 필요없어.

2. 나도 너(①처럼 ②같은) 한국어를 잘했으면 좋겠다.

| | コメント (0)

「의」はいつ省略されるの?

韓国語の「의」は、位置名詞の前や、所有・所属・所在が前後の関係ではっきりしている場合は省略されるのが特徴です。

・位置名詞(앞, 뒤, 옆, 위, 아래/밑, 안/속)の前で

1) 제 사전은 책상 밑에(×책상의 밑에) 있어요. 私の辞書は机下にあります。

2) 다나카 씨 옆에(×동생의 옆에) 앉아 있는 사람이 우리 할아버지예요. 田中さん隣に座っている人が私の叔父です。

3) 교실 안에(×교실의 안에)  있는 학생을 좀 불러 주시겠어요. 教室中にいる学生をちょっと呼んでいただけますか。

・所有・所属・所在がはっきりしている場合

4) 이건 엄마 가방(×엄마의 가방)이에요.. これは母カバンです。

5) 우리 대학에는 한국 유학생이(×한국의 유학생이) 제일 많아요 私の大学には韓国留学生が一番多いです。

6) 선생님 댁(×선생님의 댁)은 어디에요? 先生お宅はどこですか。

| | コメント (0)

「助数詞」って何?

「助数詞」とは、数字のあとに来る名詞のことです。たとえば2009년の「년」、 3시の「시」 다섯 명の「명」などです。「単位名詞」とも言います。

漢数詞につくものは一般的にアラビア数字で表し、分かち書きはせず数字にくっつけて書きます。例を見てみましょう。

 ・年月日: 2009   9  14

 ・時刻: 3 40 15 (「時」は固有数詞で読みますが、例外的にアラビア数字で表します)

 ・値段: 1980

 ・階:14

 ・番号:77

固有数詞につくものはアラビア数字ではなくハングルで表し、分かち書きをするので注意しましょう。例を見てみましょう。

 ・年齢(才): 스물두 이에요.(「22세」とも言います)

 ・人(方・名): 몇 이세요? 다섯 이에요.

 ・コーヒーなど(杯) :커피 한 주세요.

 ・りんごなど(個) : 사과 두 , 배 세 주세요.

 ・紙 (枚) : 복사 한 만 할게요.

 ・本 (冊) : 교과서 두 있으니까 한 줄게요

  ・回数 (回) :매일 소리 내서 열 이상 읽어요

. ・自動車などの機械 (台) : 자동차가 세 있어요.

 ・犬などの動物 (匹) : 우리 집에는 개가 다섯 마리, 고양이가 한 마리 있어요.

助数詞は新しいものが出たときに丸ごと例文を覚えておくと便利です。^^

 ・돼지고기 2인분 주세요. 소고기 200그램 더 주세요.

 ・고춧가루는 한 에 얼마예요?

  ・여기서 50미터쯤 가면 스타벅스가 있어요.

  ・요즘 3킬로나 살이 쪘어요.

 ・우선 맥주 두 주세요.

| | コメント (0)

「아침밥」の発音は「아침빱」になるの?

ㄱ・ㄷ・ㅂ・ㅈは、一つの単語なら「ㄴ・ㄹ・ㅁ・ㅇパッチム」のあとで有声音化になります。

 例)  친구[친]  友達       얼굴[얼]  顔   

    담배[담]  タバコ       공부[공] 勉強

しかし合成語の場合は、「ㄴ・ㄹ・ㅁ・ㅇパッチム」のあとでは濃音と発音されます。

 例) 강+가[강까] 川辺       산+불[산뿔]  山火事      

       물+고기[물꼬기]   魚     밤+비[밤삐] 夜の雨   

      손+가락[손까락]  指   아침+밥[아침빱]    朝ごはん   

| | コメント (0)

「같이」と「같아요」の発音は違うの?

같이は[가치]、 같아요は[가타요]と発音されます。

パッチムㄷ ㅌ の後に「이」が続くと、それぞれ「지, 치」と発音されます。これを「口蓋音化」といいます。

例)ㄷ+이=지 :맏이[마지] 長男・長女  미닫이[미다지] 引き戸

  ㅌ+이=치 :같이[가치]  一緒に       밭이[바치] 畑が

     しかしパッチムㄷ ㅌ の後に「이」以外の母音が続くと、ただの「連音化」になります。

例)같아요[가타요]   同じです   믿어요[미더요] 信じます   

| | コメント (0)

「가지다」は、「들다」と同じ?

「가지다」も「들다」も「持つ」という意味がありますが、使い方は若干異なります。

「가지다」は、「(手で)持つ、所有する、所持する」という意味です。

1) 부엌에서 접시 하나 가져 와. 台所からお皿をひとつ持ってきて。

2) 가진 돈 있어요? 持っているお金ありますか。/持ち合わせのお金ありますか。

3) 이 가방, 너 가져. このカバン、君のものにして→ 君に上げるよ

一方「들다」は、前回説明したように、「(手に)持つ、(ものを)持ち上げる」という意味です。

4) 이 가방은 오빠가 들어. このカバンはお兄さんが持ってね。

5) 손을 들어 주세요. 手を上げてください。

では、次のことばを言われたときの反応を考えてみましょう。

① 이 가방을 가져요. (え?私にくれるの)

② 이 가방을 들어요/들어 주세요 (はい、私が持ちます!)

| | コメント (0)